乾燥肌が原因のかゆみにどんなサプリが良い?

冬になると乾燥肌に…と感じてる方も多いと思いますが、最近では季節を問わず多くの人が身体のあちこちがかゆくなる乾燥肌に悩まされています。かゆいとどうしても掻きむしってしまい、余計ひどくなることがあります。

 

そんなかゆみの原因とされる乾燥を防ぐ事が大切になってきますが、ただ単にかゆみ止めを塗ったり、保湿ケアをいろいろ取り入れたりするだけではなく身体の内側から改善することが一番の近道だとされています。それは栄養バランスの摂れた食事をする、適度な運動をしてストレスを減らす、睡眠をしっかりとるなどといったライフスタイルの改善によってかゆみや乾燥が緩和されるといわれています。しかし、多くの人が忙しい毎日を送っている中でこのようなことを毎日実践しようとするのは正直難しいでしょう。

 

そんな時に手軽に摂れるサプリメントをおすすめします。コラーゲンやヒアルロン酸・セラミド・エラスチンなどは乾燥肌に効果があると言われていますが、普段の食事ではなかなか摂れない栄養素なのでしっかり効果的に摂ることが必要です。そこでサプリメントなら手軽に効率よく摂取出来ます。サプリメントは薬ではないので即効性はないですが、毎日しっかり摂り続けることで体質改善や保湿や抗炎症などの効果がゆっくりですが感じられるでしょう。

 

ヒアロモイスチャー240の特徴

最近お肌の調子がイマイチで困っていませんか?それはきっとヒアルロン酸が不足しています。ヒアルロン酸は肌の水分量を維持し乾燥を緩和させる役割があり、お肌の調子を整えるのにとても重要な成分です。ですが年齢を重ねるごとに減っていくので、外から摂ることが必要になります。高純度のヒアルロン酸が240r配合されたヒアロモイスチャー240は1日4粒飲むだけで乾燥が気にならなくなり化粧乗りも良くなると実感する事でしょう。食品会社が研究を重ねて開発したサプリメントなので安心してお飲み頂けます。

価格 1,780円
評価 評価5
備考 高純度ヒアルロン酸が240r配合

 

アレルナイトプラスの特徴

お肌の調子がイマイチで化粧品やサプリメントを使って改善したいけど、何がいいのかどうしたらいいのか分からないまま放ってはいませんか?もちろんライフスタイルや食生活の見直し、質のいい睡眠、ストレスをなくすなどによってお肌の調子がよくなることもありますが、アレルナイトプラスは身体の内側から肌に良い成分を素早く取り込むことができるサプリメントです。食べ物から摂取する事が難しい植物性乳酸菌、ギャバやグリシンなどの身体に嬉しい6つの成分、美容には欠かせないビオチンとビタミン類が1日1包の顆粒タイプになっています。アレルギーを引き起こしやすい原材料は使わず、そしてグレープフルーツ味になっているのでさっぱりと飲みやすいでしょう。

価格 5,980円
評価 評価4
備考 植物性ラクトバチルス乳酸菌100mg配合

 

澄肌漢方堂の特徴

季節の変わり目になるとかゆくなる…お風呂に入るとかゆくなる…アレルギー体質でいつもかゆい…などと、肌がかゆくなる原因も人それぞれでたくさんあります。しかし乾燥肌を改善することでかゆみが改善されると言われています。アレルギー体質やかゆみ、かゆみによる炎症などに効果があるとされている澄肌漢方堂は生薬配合の医薬品です。ヨクイニンやケイヒなどの天然の有効成分12種類に5種類のビタミン、アミノ酸・カルシウムも配合されているので、かゆみによってできたシミや黒ずみなどにも効果があります。防腐剤なども使ってなく、独特の臭みも糖衣状にすることで飲みやすくなります。

価格 9,800円
評価 評価3
備考 天然の有効成分12種類・5種類のビタミン

 

乾燥肌は、皮膚が乾いて刺激を受けやすくなっている状態であり、そのためにかゆみが生じるようになります。すると、そこを掻いてしまって炎症を起こしたり、肌を痛めてしまって、一層刺激に弱くなり、かゆみを生じてしまうようになります。

 

根本の問題である乾燥を防ぐための対策が必要になりますが、かゆみ止めを使うだけではなく、王道は「体の内部から調子を整えること」です。かゆみ止めなどは炎症を抑え、保湿ケアを行っていますが、これらはいわば外からのケアであり、内部からのケアも重要になってくるのです。

 

内側のケアはいわば体質改善ということができますが、このために大事なのは栄養バランスのとれた食事をとることであったり、睡眠の質と量を上げること、そして適度な運動やストレス対策が重要になります。

 

もちろん、現代人に多いストレスや過労への対策もしていくことが大切です。このようにするのは、実はけっこう大変で多くの時間が必要になります。そのため、少しでも時間を節約して体質改善をはかりたい方にはサプリメントをオススメしたいです。

 

乾燥に効果のあるサプリメントではコラーゲンやヒアルロン酸などがあり、これらは食事によって摂取するのは難しく、サプリメントは手軽に豊富に補給ができるので便利です。ただ、サプリメントだけに過剰に頼るのは失敗の元で、あくまで食事が基本になるように心がけましょう。

 

乾燥肌を防いてかゆみを予防・改善するためには、自分に不足しているものをまず見極めて、必要に応じてサプリメントを使っていくと良いでしょう。

 

肌の乾燥が原因のかゆみに効果的な成分

 

カサカサ肌はかゆみを生むので、生活の質を下げてしまいますから、できるだけ早く改善したいものです。そのためにはどのようなサプリメントの成分が有効なのでしょうか。

 

肌は、様々な成分によって形成されているものですが、その中でも保水の役割を持っている成分があり、それらを摂取することで体の保水力を高め、乾燥を防ぐことができます。

 

その代表的な成分がセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンといったもので、これらはどれが欠けても乾燥肌を引き起こすと言われています。

 

セラミドは、肌の角質層を作っている成分です。このセラミドの働きで肌から水分の蒸発を防ぎ、外部からの刺激を防いでいます。セラミドは加齢によって体内から減っていくので、外部から補給しましょう。

 

ヒアルロン酸は、細胞と細胞の間でクッションの役割を果たしています。多くの水分を蓄える力がありますから、ヒアルロン酸配合の美容液も多いですよね。肌に弾力を与えたり、乾燥を防ぐ働きをしています。

 

コラーゲンは、肌の真皮の主な成分となっています。ヒアルロン酸やエラスチンとともに肌の水分量を保つための有効成分です。

 

エラスチンは、肌の真皮を構成している成分のひとつで、弾力のある線維のようなものです。これがコラーゲンとヒアルロン酸をつなぎとめて支えており、肌の弾力やハリを保つための働きをしています。

 

こういった成分は食事から摂取するのは簡単ではないので、より多くの栄養素を効率的に摂取するための方法としてサプリメントが有効です。美肌サプリメントの多くはこれらの成分をしっかり防いでいるので、美肌を作るだけでなくかゆみ防止にも有効なのです。

 

かゆみを悪化させる食事

 

かゆみの原因になる乾燥ですが、乾燥に良い食べ物があれば、乾燥に悪い食べ物もあります。乾燥肌に悪い食べ物を一言で言えば、欧米風(現代風)の食べ物と言うことができるでしょう。これらの特徴は、肉中心で、脂質が高く、カロリーが高い食べ物ということができます。

 

これらは栄養のバランスを悪くしやすく、そして野菜や海藻類の摂取量が少なくなるので、体の機能維持に必要なビタミンやミネラル、食物繊維などが不足しがちです。それに、最近は様々な農薬や添加物が植物や飼料に混じっていますから、食物連鎖を考えていくとどうしても肉中心の食事は肌の健康にも悪くなるのです。

 

摂取過剰によって乾燥肌を悪化させる恐れがあるものとしては、他にアルコールやカフェインがあります。ビタミンやミネラルを過剰な排出が起こったり、水分を必要以上に消費させてしまうために乾燥を引き起こしやすくなります。

 

また、冷たい食べ物にも注意しましょう。過剰摂取は血行を悪くしてしまって、肌の代謝を落としてしまいます。生野菜も健康的なイメージはありますが、食べ過ぎると体を冷やすもとになりますので、ほどほどにしましょう。

 

そのほか、炭水化物・脂質は肌トラブルの元です。パスタやラーメンなどは食べやすいのですが、栄養が炭水化物に偏りやすいのでそればかりにならないように注意します

 

バランスの悪い食事は乾燥肌だけでなく多くの肌トラブルを引き起こしますから、かゆみをとめるためにもこういった食習慣は避けるようにしましょう。

 

かゆみを招くスキンケア方法

 

乾燥肌は、肌細胞の中の保湿因子が減少してしまうことで、肌内部に水分を保持できなくなってしまっている状態です。そのために潤いがなくなり、かゆみが生じたり、ひび割れや亀裂などが生じることもあります。

 

小児や高齢者は皮脂の分泌が少なかったり、角質層が薄かったりといった理由によって乾燥肌になりやすい傾向が見られます。小児であれば成長にともなって皮脂分泌も増えてくるので自然と解消されることが多いですが、高齢者の場合は、皮脂の分泌量が年々減少する一方であり、肌の乾燥は自然治癒は難しくなります。

 

年齢の要因以外では、毎日のスキンケアの問題があります。スキンケア用品に含まれている界面活性剤は 肌のバリア機能を破壊し、セラミドなどの細胞間脂質や天然保湿因子を流出させる危険性があります。そして、男性では毎日のヒゲ剃りが角質層を削り取ることで乾燥を招くことが多いようです。

 

また、日本人は熱いお風呂に長くつかる習慣があったり、体をゴシゴシ洗うために皮脂が過剰に洗い落とされてしまい、その後の乾燥や皮脂の過剰分泌の原因になることもあるようです。

 

こうした乾燥肌を引き起こす習慣を極力なくしていくことが、かゆみを解消するためには重要です。かゆみはかゆみ止めで一時的には治りますが、生活習慣が変わらなければぶり返しやすいので、できるだけ生活習慣の改善を通して治すのが一番です。食事、睡眠、運動など、生活の基本的なところから見直して、乾燥肌を防ぎ、かゆみと無縁の生活ができるようにがんばりましょう。

 

肌のバリア機能の低下もかゆみの原因に

 

肌のかゆみはいろんな要因で起こりますが、どうしてかゆみが起こるのでしょうか。かゆみが生じるのは、かゆみの原因物質であるヒスタミンが発生するからです。これは、かゆいからといってかいてしまうと神経ペプチドという物質がどんどん分泌されて、これがヒスタミンを誘発してしまい、かゆみをひどくしてしまいます。

 

かゆみは敏感肌の人の代表的な症状ですが、乾燥することによってこうした肌のかゆみは起こりやすくなります。健康な肌はうるおいが十分であるだけでなく、肌の表面の油分が適切な量になっています。この肌の水分や油分は層となって皮膚を保護するバリアの機能を果たしているのです。

 

しかし、肌が乾燥している人はこのバリア機能が壊れていたり弱っているために、外部からの刺激に対して体が反応を示してしまうようになります。それがかゆみを感じる原因で、これが悪化すると痛みも感じるようになってきます。

 

乾燥肌や敏感肌の人は、薬や金属、化粧品などによってかぶれやすいです。これもちょっとした刺激ではありますが、こうした体質になると刺激が強く感じられてしまいます。

 

体質の変化を促すためには規則正しい生活の上に、有効な成分を長期にわたって摂取するなどの努力が必要になります。そして、それだけではなく、普段から肌に刺激を与えるものを極力避けるようにすることも大切です。

 

化粧品などもできるだけ添加物の少ない植物性の優しいものを利用したり、衣類も肌に刺激の少ないものを選ぶなど工夫することが大切です。